ケアマネージャーの転職をお考えなら <重要ポイント5選>

更新日:

ケアマネージャーの転職を成功させるには?

ケアマネージャーで転職をお考えの方に向けて、転職を成功させるための5つのポイントをご説明します

 

高齢化社会が急速に進む日本において、高齢者介護を社会全体で支える仕組みとして生まれたのが介護保険制度であり、そこで大事や役割を担うのがケアマネージャーです。ケアマネージャーはとてもやりがいのある仕事とはいえ、さまざまな事情で転職を考えることもあるでしょう。転職活動中は、条件の合う職場がうまく見つかるかどうかなど不安になってしまうことがあるかもしれません。そこで、ケアマネージャーとしての転職を成功させるために大切なポイントをご説明します。

 

◎どのような働き方をしたいのかをはっきりさせる

介護福祉士・看護師などの仕事や生活相談員・支援相談員などの仕事を数年経験し、難関の介護支援専門員実務研修受講試験に合格したあと就業できるケアマネージャー。一言にケアマネージャーといっても、働く場所や働き方はさまざまです。

働く場所は、大きく分けると居宅介護支援事業所と各種高齢者施設です。ケアマネージャーとして年数や経験を積んだ人の中には、主任ケアマネージャーの資格を取得して地域包括支援センターに転職したり、独立して事業所を立ち上げたりする人もいます。

ケアマネージャーの主な仕事は、介護保険サービスを利用するときに必要なケアプランの作成や、介護給付費の管理、利用者とサービス業者間の調整などがあります。さらに、職場によっては細かな雑務など、介護に限らず多岐にわたる仕事をしなければならない場合もあるでしょう。

雇用形態としては、正社員のほか契約社員やパート・アルバイトとして働くこともできます。

これまでの働き方を振り返ったうえで、今後はどのような働き方をしていきたいのか、自分の希望をまずはっきりさせましょう。

 

◎どのような転職先があるか、どのような仕事内容かを調べる

ケアマネージャーの主な就職先の一つは、居宅介護支援事業所です。施設に常駐し、地域に住んでいる介護や支援を必要とする高齢者が介護サービスや施設を適切に利用し、自宅療養ができるようにします。高齢者の心身の状態や生活環境、本人や家族の希望などを聞き取ってケアプランを作成し、各種申請のサポートをし、サービスを提供する業者との連絡・調整を図ります。 

別の就職先は、各種高齢者施設です。自宅での療養が困難な高齢者を対象とした特別養護老人ホームや、病院から退院しても自宅で生活を送るのが難しい人のためにリハビリなどを行う介護老人保健施設などがあります。これらの施設で、介護サービスに関するケアプランを作成するのが主な仕事です。

そのほかにも、介護ビジネスが伸長する今、福祉用品会社などケアマネージャーが活躍できる場所は広がっています。施設や会社での勤務ではなく、自宅を職場として在宅で働くケアマネージャーもいます。

このように、ケアマネージャーの就職先はさまざまで、それによって仕事内容も少しずつ変わります。どのような転職先があるかをチェックして仕事内容についても調べてみると、就職後の自分をイメージしやすいでしょう。

 

◎雇用形態や勤務時間などを調べ、働き方について考える

ケアマネージャーに求められるのは、介護についての専門的な知識や経験だけではありません。介護や支援を必要とする人ひとりひとりに真剣に向き合い、心身の状況を把握して希望や要望を聞き、家族や関係者の細かな意向をも汲み取る必要があります。そのため、親しみや思いやりを持って接することができる深い人間性が求められるでしょう。また、ケア対象者や家族のプライベートな部分にも触れる仕事なので、守秘義務もともないます。強い責任感を持って、日々の仕事に向き合う必要があるでしょう。

相手に対する思いやりが深く責任感の強い人ほど、ケアの対象者やその仕事に肩入れし、勤務時間を超過しがちです。小さな子どもや、自分自身にも介護を必要とする親がいる方にとっては、残業や長時間労働は避けたい勤務環境かもしれません。長時間働くのが難しければ、パートやアルバイトなど働く時間を限定する雇用形態での勤務を検討してみることができます。収入を優先するか、時短勤務を優先するかを考えてみましょう。

 

◎転職先の評判や情報を多方面から収集をする

残業や長時間労働を避けたい、一人での仕事はきついので複数のケアマネがいるところで協力し合って仕事したいなど、転職を希望する理由は人によってさまざまです。今よりも給料を上げたい、休みが取りやすい職場がいいなどの理由で転職を希望することもあるでしょう。

転職先を探す際には、それらの希望が実現する職場かどうかを、いろいろな方向から情報収集するようにしたいものです。転職できたとしても、転職の目的が達成できなければ本当の意味で成功したとはいえません。転職が成功したかどうかは、転職した職場が自分に合っているかどうかが大きく関係するでしょう。ケアマネージャーとしての仕事の範囲や、給料や各種手当の金額、福利厚生、介護設備の環境、介護スタッフの質や人数などは職場によってさまざまです。実際に働いている人に尋ねてみたり、その事業所や施設を利用している方のお話を聞いたりするとよいでしょう。事前に依頼すれば、ほとんどの事務所や施設で見学が可能です。職場環境や服務規程を確認し、介護スタッフの働く様子や施設利用者の健康状態などを観察してみてください。

 

◎自分に合った求人を探せる求人サイトを活用する

各地で新しい介護施設が建設されるなど、介護サービスビジネスは年々拡大しています。それに合わせて、ケアマネージャーの需要も高まる一方です。神戸市でも、医療や福祉関連の求人情報はたくさん出ています。その中から、自分の転職の目的にあった職場を探すのは難しく思えるかもしれません。そんなときは、資格、雇用形態、勤務地など希望する条件を指定して職場を探すことができる求人サイトを活用すると便利です。

神戸エリアでケアマネージャーの求人情報をお探しであれば、神戸医療・福祉求人センターをぜひご利用ください。履歴書の書き方や面接の受け方がわからないときや、理想とする働き方を具体的に思い描けないときなどは、転職相談サポートでご相談に応じます。お電話かWEB上で無料登録していただくだけでご利用可能です。経験豊富なサポーターが、あなたのご希望にかなう職場が見つかるまで転職活動をサポートいたしますので、ぜひご利用ください。

 

◎まとめ

不安や心配がつきものの転職は、介護現場で経験を積み、難関の試験をクリアしたケアマネージャーも例外ではありません。働きながら転職先を探している方は、目の前の仕事が忙しくて仕事を探す時間をなかなか取れないということもあるでしょう。

転職を成功させるために、サポート体制が整った求人サイトのサービスを利用してみてください。ケアマネージャーの転職であれば、医療・福祉系に特化した求人サイトがおすすめです。サイトを有効に利用して、ぜひ転職活動を成功させてください。