失敗しないために!正看護師が神戸で転職するときのポイント

更新日:

正看護師の転職を成功させるには?

正看護師で転職をお考えの方に向けて、転職を成功させるための5つのポイントをご説明します

まずは自己分析をする

転職は、自分を見つめ直すきっかけでもあります。

転職の際には、自分がこれまでどんなことをしてきたのか、医療現場で今後はどのようなことを目標にしたいのかといった自己分析は欠かせません。これまでの仕事で経験したことや身につけたスキル、どんな人たちと関わってきたのか、どんなことに喜びを見出しているのかなどを振り返って考えてみましょう。

改めて考えてみると、自分がさまざまな経験を通してキャリアを身につけていることに気づくかもしれません。それは、転職の際の自己PRの材料となるでしょう。

これまで関わってきた人を思い返すことで、転職に活かせる人脈を発見できることもあります。

自己分析がしっかりとできていないと、今後自分が医療現場の中のどの分野で働きたいかがあいまいになりがちです。自己分析ができていれば、自分の好きな業務や得意な業務、今後チャレンジしたい分野などを整理することができます。今後の目標も明確になり、応募先も見つけやすくなることでしょう。

 

希望する条件に優先順位をつける

正看護師の募集は多いため、希望する条件で絞り込むと自分に合った転職先を探しやすくなります。

勤務先は病院や診療所、介護施設などがあり、病院の中でも内科や外科、胃腸内科、耳鼻咽喉科などさまざまです。介護施設も、入居型や通所型があり、利用者の健康状態や要介護度は異なります。

希望条件が明確でないと、転職情報を見てもいろいろと目移りしてしまうかもしれません。結局どれが自分に合っているのか分からず、たくさんの情報に振り回されてしまうこともあります。

先ほど取り上げた自己分析がきちんとできていれば、希望する条件も絞り込みやすくなります。 勤務先や配属される科だけでなく、勤務時間や働く日数についても希望をはっきりさせておくことは大切です。

日勤を希望するのか夜勤も可能なのか、短時間勤務で家庭やプライベートと両立させたいのか、それともフルタイムでしっかり稼ぎたいのかなどです。家からの距離や通勤時間、給与、福利厚生などについてもどのようなことを希望するか考え、さらに自分なりの優先順位をつけておきましょう。

 

転職についての情報を集める

転職についての情報収集が十分にできていないために失敗してしまうケースもあります。正看護師は忙しい生活を送っている人が多いため、仕事と並行して中途採用している転職先を見つけようとしても、情報収集のためにあまり時間が取れないこともあるでしょう。

そのため、たくさんある転職情報を十分にチェックしないまま応募先を決めてしまうケースがあります。

しかし、いったん就職するとさらに転職するには時間や労力が必要です。自分に合った求人を見つけるために、転職の情報は十分に集めましょう。 転職先を探すときに活用したいのは、便利な転職サイトです。

正看護師の中途採用であれば、医療に特化した転職サイトがおすすめです。神戸市で正看護師の求人を探すときには、神戸医療・福祉求人センターを活用してみてください。神戸エリアの情報を掲載している地域密着型のサイトで、正看護師の求人情報がたくさん掲載されています。

希望する雇用形態や勤務地などの条件に合わせて絞り込むことができるので、自分に合った求人を探してみてください。

 

収集した転職情報を分析する

希望する転職先を絞り込んだあとも、さらに情報を集めて本当に自分に合っているかどうか分析することは大切です。

正看護師の主な勤務先である病院や診療所、介護施設は、施設によって職場の雰囲気や待遇が異なります。病院での勤務であっても、主に入院患者と接するのか外来患者と接するのかによっても業務内容は異なるでしょう。

病院の先生や同僚の看護師との人間関係によっても、働きやすさはずいぶん違ってくるものです。知人や友人の中にその病院について知っている人や通院している人がいれば、雰囲気や評判を尋ねてみるのもよいでしょう。

また可能であれば、実際にその病院や診療所に足を運んで雰囲気をチェックしてみてください。

事前に電話でお願いすれば、施設で院内見学をすることができます。看護師の働く様子や雰囲気、施設の清潔さ、患者さんの健康状態などを確認できるでしょう。実際に自分がそこで働く姿をスムーズにイメージすることができれば、理想の転職先となるかもしれません。

 

慣れるまでは大変でも指導を受け入れる

最後のポイントは、実際に転職したあとに心がけたいことです。転職してすぐは、新しい職場に慣れるまでに時間がかかります。

これまでの専門とは異なる分野の知識やスキルが必要とされることもあります。そのため、自分よりキャリアが短い看護師や若い看護師、准看護師からの指導を受けることもあるでしょう。転職をした正看護師の中には、プライドが邪魔をして新しい職場になじむのが難しい人もいます。

これまで正看護師として立派に勤め上げてきた人こそ、新しい職場で教えてもらうことに抵抗を感じるかもしれません。しかし、新しい知識や経験はすべて自分のキャリアアップにつながります。医療の現場で働く正看護師は、キャリアアップが患者さんの命を守ることにつながる場合もあります。

慣れるまでは大変ですが、新たなスキルを身につける貴重な機会と考えて、あきらめずに仕事を続けましょう。不要なプライドは捨て、分からないことは尋ねるようにすれば、すぐに一人でもスムーズに仕事をこなしていけるようになるでしょう。

 

まとめ

正看護師の転職を成功させるための5つのポイントをご紹介しました。

まずはしっかり自己分析をして、希望する条件をはっきりさせましょう。そのうえで求人情報をチェックすれば、希望に合った求人を絞り込みやすくなります。

希望する勤務先について、できるだけ多くの情報を集めておくことも欠かせません。

さらに、無事に転職できた後は素直に指導を受け入れる姿勢が大切です。こうした点を意識して実践すれば、正看護師の転職を成功させることができるでしょう。