社会福祉士の転職の方法は?神戸で転職が成功する5つのポイント

更新日:

介護福祉士の転職を成功させるには?

介護福祉士で転職をお考えの方に向けて、転職を成功させるための5つのポイントをご説明します

転職する目的をはっきりさせてから動く

社会福祉士として転職先を探すにあたり必要な事は、自分が何を目的として転職したいのか、まずはっきりさせる事です。

収入アップを目指すのか、働く時間を自分で決めたいのか、職場の環境を重視するのか。自分が何を一番求めているのかを明確にすると、転職先を探しやすくなります。

長く働いていると、結婚や出産などで生活スタイルも変化します。例えば、以前は休日や夜間でも仕事をこなし、稼ぐ事に集中していた人も、子供ができると家庭と一緒にいる時間を優先したくなるかもしれません。

転職はそうした希望を叶える、ひとつの手段です。 社会福祉士は、福祉に関する幅広い分野の知識を身に着けているため、働く事ができる職場も、高齢者施設や障がい者施設、生活保護関連など、多岐にわたります。

今までと違う分野に進んで知識を広げていくのか、今と同じ分野で知識を深めていくのかも、転職の方向を決める大きなポイントです。漠然と転職を考えて動くより条件や分野など、目的をはっきりさせることが転職の成功に繋がります。

 

転職までのスケジュールを立ててみる

ヘッドハンティング的な引き抜きや、知人から誘われたなどの場合を除き、いざ転職活動を始めてみても、そうそうすぐに決まるものではありません。

働きながら転職先を探す場合は、使える時間も限られるでしょう。そこで焦ってしまうと、十分な吟味や比較をする時間がなく、自分に合わない職場に決めてしまう事になりがちです。

また、スタッフの人数が少ない場合、急に退職すると引き継ぎが十分にできずにバタバタで転職先に行く事になり、残された人に多大な迷惑をかける可能性もあります。 転職をする場合は半年程度のスケジュール感を持って、じっくりと準備や検討の時間を取るようにしましょう。

社会福祉士の場合、年間の中で求人数に差があるのも特徴です。年度の後半である9月から3月にかけては求人数が多くなり、逆に4月~8月は求人が少なくなる傾向があります。

当然ながら、求人数が多い時期に転職活動をする方が、自分の条件に合った職場を見つけられる可能性が高まります。そこから逆算し、早めに余裕を持った転職スケジュールを立て、十分に準備をしながら転職先を探すようにしましょう。

 

給料、福利厚生にポイントをおいて探す

社会福祉士として収入を増やしたい場合、今の職場でのキャリアアップや、一念発起しての独立などもありますが、やはり転職するのが一番リスクの低い方法です。

実際、転職するに当たり、収入面を重視する人は多いでしょう。社会福祉士の給与は、年齢や経験年数によって大きく変わります。これは若さや体力などより、経験から得た知識を評価される事を意味します。そのため年齢に関係なく、転職で収入を上げられるチャンスがあります。

さらに社会福祉士が活躍できる職場はたくさんあります。それらの職場によっても得られる収入が変わってきますので、広い目で転職先を探すことも必要です。

ぜひ、今までの職場とは異なる分野の職場もチェックして下さい。 また、転職を成功させるには、福利厚生も大切な要素になってきます。

福利厚生が充実している職場では、働くスタッフのモチベーションも高くなり、有能な人材も集まりやすくなります。そうした環境で働く事は、仕事におけるストレスも下がりますので、転職先として有望なものになります。転職先を探す時には、素直に給料や福利厚生を重視しましょう。

 

転職先の環境や雰囲気をチェックする

社会福祉士は人を援助する仕事です。そのため常に人と接していなければなりません。さらに他の職種のスタッフとも協力しながら、援助を進めていく必要があります。

そこでの調整役となる社会福祉士は、異なる立場の人や組織の間で板挟みになり、気疲れしてしまう役どころです。仕事ではどうしても人に気を使う事が多くなるので、せめて職場は良い環境で働きたいところです。職場の環境や雰囲気が良いと、仕事の意欲向上にもつながります。

転職先を探す時には、職場の環境や働くスタッフの雰囲気も確認することが重要です。しかしそうした雰囲気までは、求人情報だけでは分かりません。そんな時は、転職先の見学を申し込んでみましょう。最近では転職を考えている人向けに、職場見学を受け付けている企業や施設が増えています。

また、それらの案内を求人情報に明記してある場合もあります。せっかく転職をするなら、よりよい環境で仕事が出来る職場を見つけるべきです。もし興味がある求人があったら、職場見学が可能かどうか問い合わせてみて下さい。

 

専門の求人サイトを利用して探してみる

国家資格である社会福祉士は需要が増えつつあり、神戸でも多くの求人が公開されています。

しかしそれらの膨大な情報の中から、自分の条件に合った転職先を探すのは容易な事ではありません。しかも社会福祉士は働く事の出来る職場が多いため、探す分野も広くなります。

そのため、転職をする際は掲載件数の多い求人サイトを利用することをおすすめします。 求人サイトには、一般的なサイトの他にも、社会福祉士など介護職に特化した専門の求人サイトや、地域の求人に強い地元密着型の求人サイトがあります。

例えば、神戸で社会福祉士の転職を考えているなら、神戸を対象とした地域の求人サイトで探してみると、大手サイトには載っていない求人情報に出会えるかもしれません。 また会員登録をしておくと、条件に合った求人が出た場合にメールで知らせてくれるサイトもあります。

今すぐ転職しようと考えてはいない人も、こうした求人サイトに登録しておけば日ごろから転職情報に詳しくなります。求人サイトを利用し、自分にあった転職先を見つけましょう。

 

まとめ

社会福祉士は社会からのニーズが高く、やりがいもある職業です。

それだけに、今の職場で何か問題を感じていたら、転職によって環境を変えることを検討しましょう。

社会福祉士は人が相手ということもあり、何かと気疲れすることも多いものですが、転職をすることで、自分の能力をより発揮できる職場に出会える可能性が高まります。

しかし自分の力だけでは転職活動もスムーズには進みません。

サポートが整った求人サイトを利用し、長期的な視点で、じっくりと自分に合った職場を見つける必要があります。ぜひ、これまでに培った経験や技術を活かして、神戸での転職を成功させて下さい。今回の記事が転職活動の成功につながれば幸いです。