【18.12.07】転職体験記 ~看護師(後編)~

更新日:

こんにちは。

キャリアアドバイザーの燃脇です。

 

今回は病棟看護師としてご転職された、神戸市の松下様の転職体験記:第2回をお届けします。

 

 

 

転職体験記:看護師 松下さんの場合②

 

 

 

②転職の際の悩み

 

退院後、おもいきって師長に退職意思を伝えたのですが、「ただでさえ忙しいのに人出が減るのは厳しい」という理由で何度も引きとめられてしまい、実際はなかなか辞めることができずにいました。

「こうなったら次の職場をサクッと見つけて、それを理由にして辞めさせてもらおう!」と思った私は、転職先を探してもらえるサイトを探して登録をしてみることにしました。

 

このサイトを使ってよかったと思えるのは、担当の方が希望条件にあった求人をセレクトしてくれる、という点でした。たとえば当時、私が希望として伝えたのは、

 

 

・3交代制じゃないこと(日勤のみか、2交替制)

・できれば残業があまりないところ

・病棟勤務希望(できれば急性期以外)

・自宅から1時間以内で通勤できる範囲

 

 

という4点でした。

今の勤務先より多少給与が下がってしまったとしても、まずは自分の健康面を優先しよう!と思っていたので、日勤か、せめて2交代制のところが良いとあらかじめお伝えしたのを覚えています。

あとは、それまで病棟での勤務しか経験がなく、他の分野に挑戦するのはまだ不安があったため、病棟勤務を希望しました。急性期病棟については、「どこも忙しいイメージがあるので、仕事をするうえでまた余裕をなくしてしまいそうで抵抗感がある」と正直に伝え、それ以外での勤務の求人をセレクトしてもらいました。

 

ただでさえ仕事に追われて毎日疲れ切っていたので、自力で求人を探す気力もなかった私にとってはとてもありがたかったです。また、残業が実際はどれくらいあるのか、残業代は出るのか(前の勤務先はサービス残業も多かった)、福利厚生はどういったものがあるのかなども、担当の方を通して事前に確認することができました。そういった自分では直接聞きにくいことは代わりに担当の方に聞いていただけるので、こういった転職サイトを使ってよかったと思います。

 

 

③転職先を決めたポイント

 

担当の方から希望に当てはまる療養系の病院を1件、回復期の病院を2件紹介していただきました。

まだ20代ということもあり、「療養系の病院はもっと経験を積んでからでも」と思ったのと、担当の方から「スキルアップを狙うなら、療養系よりも回復期の病院で働いたらどうか」と勧められたのもあり、とりあえずは回復期の病院2件だけを受けることにしました。そのうちの1件から無事内定をいただくことができ、面接での雰囲気等も気に入っていたのでそのまま入職することを決めました。

 

次の勤務先が決まったことで踏ん切りがつき、おかげでズルズルと話が伸びていた退職の期日もその後すぐに決めることができました。採用が決まった後の入職の日取りや手続き等に関しても、担当の方が間に入って手配してくださったので、自分の時間が削られずにスムーズに進んでくれて非常に助かりました。

 

 

④転職をしてみて

 

転職後は2交替制の勤務になったので、夜勤が16時間と長く大変なこともありますが、以前よりも生活リズムが安定していてプライベートな時間も確保しやすくなりました。また、前職より夜勤手当が高く、1回入るごとに給料がかなり増えるので、以前より夜勤を乗り切るためのモチベーションも上がりました。

 

当時を振り返ってみて、自力で転職活動をしていたら確実にもっと時間がかかっていたでしょうし、忙しさや周りの説得に負けて決心が揺らいでしまっていたような気がします。でも、担当の方と二人三脚で動いていたことが後押しになり、結果的に良い転職ができたなと思います。

 

 

 

 

転職体験記、いかがでしたでしょうか?

今後もいろいろな方の転職体験記をお届けしたいと思いますので、ぜひチェックしてみてください!

 

 

 

★★転職体験記、募集中!★★

転職体験記を書いてくださった方に粗品をプレゼントしております。

お問い合わせはコチラ → https://kobe-medical.jp/contact/form

 

★★期間限定!新規ご登録キャンペーン実施中(2018年12月31日まで)★★

ご登録者様にもれなくQUOカードをプレゼント!

かんたん無料登録はこちら → https://kobe-medical.jp/blog_3.html